鶴瀬駅2分。間違いのないリフォームを納得価格で請け負います!

フリーダイヤル0120-11-2420(受付時間/9:00〜19:00)

リフォーム無料相談室

ウィズワールド〈金谷ガス株式会社リフォーム事業部〉

リフォーム施工事例集

浴室・洗面室

システムバス交換工事 所沢市I様邸 2016年5月23日

リフォーム金額
1,265,000円
リフォーム期間
4日間
リフォーム内容
ユニットバス工事 TOTO サザナ Tタイプ 1616サイズへの交換。
浴室窓改修工事 YKK AP エイビア Jへの交換。
設備工事費等含む。

爽やかな季節ですね。
でも、もう1ヶ月も経たないうちに梅雨がやってきます。
爽やかなこの時期はリフォームするのにもってこい。
そんないい季節にお風呂リフォームをさせていただきました。

before

before


在来工法でタイル貼りのお風呂。
きれいですね~。
これから取り壊すところとは思えません。
しかし、在来工法のお風呂は、とにかく冬寒いのです。
まずは、既存のお風呂を解体します。
解体後

解体後


解体したあと、給排水設備の位置を決めてコンクリートで固めました。
中1日後

中1日後


コンクリートが固まってから作業にはいります。浴槽を設置する台を設置します。
洗い場設置

洗い場設置


洗い場を先に設置して、ダンボールで養生し、作業スペースを確保します。
湯船

湯船


浴槽と給排水設備を繋ぎ、安定させます。
ちなみに膝をつけていますが、サザナの『ほっカラリ床』ですから、畳のような感触で
膝の痛みを感じません。
今回の浴槽は、長辺の両サイドが少し斜め上に上がっているゆりかごタイプ。
肩までどっぷり浸かることができます。
壁面パネル設置

壁面パネル設置


浴槽が設置できました。
つぎは浴槽パネル。
1枚1枚貼っていきます。
四隅の処理

四隅の処理


パネルが設置されました。
四隅に防水パッキンを設置しているところです。
窓改修

窓改修


今回は窓も改修しました。
従来の窓をうまく活用して、壊さずに取り付けができるカバー工法を採用しました。
改修前は、向こう側に押し開くタイプ(滑り出し窓)だったのですが、ご覧のように面格子があるため、
あまり開けないつくりでした。
今回、使いにくさを解消するため、上げ下げ窓に変更しました。
完成

完成


無事に完成いたしました。
丸い鏡は奥様のお好みでお選びいただきました。
真冬でも快適な暖房機能付きです。
これから年を重ねられるお客様には、ご負担の少ないカウンター付きタイプを
おすすめしています。
システムバス設置工事、完成です!

担当者のひとこと

I様、いつもありがとうございます。
じっくり時間をかけてお選びいただき、『お風呂に入るのが楽しみ~』と喜んでいただきました。
壁面のカラーは奥様のお好みで涼しげなタイプを、お風呂の形状はご主人お好みのどっぷりつかれるゆりかご形状のタイプをお選びいただきました。
ご満足いただき、嬉しい限りです。

システムバス交換工事 富士見市Y様邸 2015年12月16日

完成

リフォーム金額
109万円
リフォーム期間
4日間
リフォーム内容
TOTO リモデルバスルーム WFシリーズ 1418サイズ X タイプ への交換。
ハーマン 暖房乾燥機   FD2814FOU、三菱電機 中間ファン  V-18ZMPC5取り付け

富士見市Y様より、ユニットバス交換のご依頼をいただきました。
ビフォーの状態からご覧頂きましょう。

既存 ユニットバス

既存 ユニットバス


こちらがリフォーム前の状態ですが、浴槽を囲う、エプロンと呼ばれるカバーが取り外され、
浴槽がむき出しになっています。
このお風呂は、浴槽のお湯を抜くと、浴槽の載っている台全体に排水が流れるタイプでした。
ずっとエプロンをしていると、汚れがたまるため、お客様が取り外したのだそうです。
今流通しているものは、栓を抜くとそのままパイプで配管まで届けてくれるので、浴槽の載る
台に排水が直接触れることはありません。
このあたりがリフォームをされるきっかけとなったようです。
養生①

養生①


お風呂のリフォームは養生が大切です。
重いし大きいので。
こちらはエントランスです。
養生作業 廊下

養生作業 廊下


長~い廊下の養生です。
キッチリやっていきます。
部材搬入 1

部材搬入 1


養生の上にダンボールを敷いて、部材を運びます。
こちらは、浴槽の載るユニットですね。
部材搬入 2

部材搬入 2


奥左手に浴槽が見えます。
なるべくご迷惑をおかけしないように心がけますが、それでも廊下をこれだけ占領してしまします。
ご入居の皆様、ご迷惑をおかけいたします。
ユニットバス 施工中

ユニットバス 施工中


古いユニットバスの撤去が終わり、新しいシステムバスを据え置くための準備をしています。
 
ユニットバス 仕上げ中

ユニットバス 仕上げ中


ひとつづつ丁寧に仕上げていきます。
 
ユニットバス 完成

ユニットバス 完成


 
完成しました!
エプロンもちゃんと設置され、浴槽と配管もパイプでつながっています。
これまでのストレスが解消されました。
 
Y様、ありがとうございました!

担当者のひとこと

半身浴のできるタイプを取り付けました。
新しくて気持ちが良いですし、お湯を捨てる際も直接配管に流れるタイプなので、汚れにくくなりました。

ユニットバス交換工事 所沢市M様邸 2015年8月20日

リフォーム金額
922,200円(住宅エコポイント同時交換分含む)
リフォーム期間
5日間
リフォーム内容
在来浴室からユニットバス(TOTOサザナTタイプ)への交換工事。
節水型水栓エアインシャワー、浴室暖房機付き
断熱防犯窓への交換。
バリアフリー工事。

所沢市M様邸のお風呂交換工事をご依頼いただきました。
タイル貼りの在来浴室からユニットバスへの工事です。
 

既存 浴槽

既存 浴槽


これから年齢を重ねて行くにあたり、やはり冬場は寒さが応えます。
ヒートショックにも気をつけなければなりません。
 
既存 浴室窓

既存 浴室窓


今回はこちらの浴室窓も交換いたします。
お客様のご要望は、防犯上安心できるもの。
断熱性能の高い窓にすると、住宅エコポイントが6000円分加算されるので、
防犯にも断熱にも効果の高いものを選びました。
 
組み付け 1

組み付け 1


既存浴室解体の写真がありませんが、3日ほどかかり、お施主様には
ご不便をお掛け致しました。
まずは土台から設置していきます。
 
組み付け 2

組み付け 2


土台が設置できると、洗い場の床を設置します。
 
組み付け 3

組み付け 3


床に続きまして浴槽を搬入しています。
 
組み付け 4

組み付け 4


最後に壁を設置します。
水がもれないように慎重に。
 
施工完了

施工完了


設置完了いたしました。
最近のユニットバスは、それ自体の断熱性が高まっていますので、きっと
寒い冬も快適に入って頂けると思います。
細かい部分を見ていきましょう。
 
節水シャワー

節水シャワー


こちら節水タイプのエアインシャワー。
水に空気を含ませて大粒化し、35%節水しながらそのままの浴び心地を
実現したシャワー水栓です。
 
バリアフリー 段差の解消

バリアフリー 段差の解消


段差を解消した入口部分です。
水が脱衣室にこないように壁をつくっています。
 
手摺り取付け

手摺り取付け


まだまだ大丈夫ですが、将来のために 手摺りも取り付けました。
 
新規 断熱防犯窓

新規 断熱防犯窓


こちらが断熱防犯窓。
それまで縦滑り窓で格子もつけられず、不安があったそうです。
今回は、横滑り出し窓に変わり、防犯性能も高い窓になったので安心です。
 
引き渡し

引き渡し


浴室交換工事、完了致しました。

担当者のひとこと

今回はご要望をお聞きしながら、住宅エコポイントを利用することで、お得にリフォームできると考え、結果的にうまくいきました。
浴室交換工事で獲得した69000ポイントで、断熱防犯窓を同時交換しました。
浴室交換で獲得したポイントで、窓の交換を行ったということです。
さらに窓交換で6000ポイントも獲得することができました。
お客様にメリットのあるご提案ができてよかったです。

ユニットバス交換工事 富士見市S様邸 2015年4月6日

リフォーム金額
128万円
リフォーム期間
4日間
リフォーム内容
TOTO リモデルバスルーム WFシリーズ 1418サイズ F タイプ(ベンチカウンター付き)への交換
ハーマン 暖房乾燥機、三菱電機 中間ファン 取り付け
組み立て施工費、設備、仕上げ工事費、現場諸経費含む

富士見市のマンションにお住まいのS様。
いつもありがとうございます。
前回のキッチンリフォームに引き続き、浴室交換工事をご依頼いただきました。
 
今回、リフォームすることになった要因は、古くなったからという理由の他に
2つあります。
 
一つ目は、年齢とともに、浴槽の「またぎ」の高さが気になるようになり、浴槽に入ること
が億劫に感じるようになってきた、ということ。
もう一つは、お手入れのしやすさ。
最近のユニットバスは、排水が1箇所に集中して流れるので、お掃除も楽なのですが、
以前のお風呂は、石鹸などで汚れたお湯が排水管に行き着くまでに、床の下や
側面の内側などに触れながら流れるので、掃除する箇所がとても多く大変だったのです。
 
それが大変なストレスだったようです。
 

IMG_2628

アフター


 
浴槽に入るためにまたがなければいけない高さが、それほど高くないのが
お分かりいただけますでしょうか?
しかも今回は、ベンチカウンターをオプションで取り付けています。
正面の白いカウンターですが、これがベンチの名のとおり、座ることができます。
そして壁に取り付いている手すりをたどりながら、ゆっくりと浴槽に浸かることができるのです。
 
もちろんベンチに座って壁に寄りかかってシャワーを浴びたり、体を洗うことも可能。
白い手すりは、ヒヤッとしないような素材で作られています。
 
お風呂も進化していますね。
 
Sさま、ありがとうございました!
 

担当者のひとこと

「とっても快適におふろに入れるようになったよ~!」と喜んでいただきました。
同じタイミングで、結露のひどい北側の窓に内窓もご提案させていただきました。
住宅エコポイントが始まりましたので、この内窓と同額分くらいのポイントを獲得することができました。

ユニットバス交換工事 富士見市A様邸 2015年3月20日

リフォーム金額
131万円
リフォーム期間
4日間
リフォーム内容
TOTO リモデルバスルーム WFシリーズ1418サイズ X タイプへ交換。 ハーマン 暖房乾燥機  FD2814F 三菱電機 中間ファン  V-18ZMPC5OU取り付け。
組立施工、設備仕上げ工事、現場諸経費全て込み。

度々、リフォーム工事を請け負わせていただいている富士見市のマンションで
この度は、ユニットバスの交換工事をご依頼をいただきました。
 
まずは、ビフォーのお写真から。

ビフォー

ビフォー


とてもきれいにお使いでしたので、まだまだ十分いけそうです。
ただ、やはり15年近く経過していますので、どうしても使用感はありますし、
細かなお掃除のしやすさや、使い心地は最新のものとは大きな開きがあります。
 
そこで、最新機種のシステムバスにリフォームしていただくこととなりました。
 
解体後

解体後


古いユニットを撤去して、新しいバスタブを設置するために、
防水パンを用意しています。
 
IMG_2613

暖房乾燥機


 
ユニットバスの中に併設される、暖房乾燥機です。
電気で温めるタイプが主流ですが、このマンションの暖房乾燥機はガスです。
 
年数が経過していること、分譲タイプのマンションでもあり、一般的なメーカーの後継機種が
売り出されているわけでもないので、きちんと収まるタイプの機種を探すのにも苦労しました。
アフター

アフター


いいですね!新しいお風呂。
暖房乾燥機もきれいに収まりました。
 
TOTO WFシリーズ Xタイプ
デザインは白を基調としたシンプルな、ミニマルモダンというタイプ。
そして、充実の機能。
・床は、膝をついても痛くない畳のような感触で滑りにくく乾きやすい、『ほっカラリ床』。
・空気の力で35%の節水を実現したエアインシャワー。
・二重断熱構造でお湯が冷めにくい『魔法びん浴槽』。
充実の最新機種です。

担当者のひとこと

暖房乾燥機がうまく納まるか少し心配がありましたが、きれいに仕上がりました。
Aさま、トイレに引き続き、お風呂リフォームもお任せいただき、ありがとうございました!

システムバス、洗面化粧台交換工事 富士見市S邸 2013年10月15日

リフォーム金額
1,213,000円
リフォーム期間
4日間
リフォーム内容
洗面化粧台
TOTO サクア 間口750mm
への交換
システムバス
TOTO WFシリーズ1416

以前にトイレリフォームをご発注いただいたS様から、お風呂と洗面化粧台交換工事のご依頼をいただきました。
 
01
築20年程経過しております。
当時はタイル貼りのお風呂が主流でしたが、冬寒くて、タイルの割れやカビが目立つようになり、新しくユニットバスにしたいというご依頼です。
また、浴槽のサイズを可能であれば大きくしたいというご要望もいただきました。
 
02
浴槽を取り外し、床と壁をある程度壊して、新しい浴槽を配置する台を置きます。
 
03
ドドーンと出ました、魔法びん浴槽。
断熱ふろふたを装着すれば、4時間後の湯温変化がマイナス2.5℃以下という驚異の断熱性を持った浴槽です。
 
04
このユニットバスは、建物の躯体とユニットのスペースを従来より狭めることができるので、浴室内を広くすることができるすぐれものです。
 
05
洗い場に必要な鏡や、台、収納ポケットなどを取り付けています。
 
06
ユニットバス、完成しました。
 
07
さて次は洗面化粧台。ユニットバスに変更する際、クロスを貼り変える必要がありました。お風呂もクロスも綺麗になって、化粧台だけ、20年前のものというわけにもいかず、刷新することになりました。
 
08
この写真ではわかりにくいですが、洗面化粧台も進化しています。例えば、ボウルの底をフラットにして洗面器を置きやすくしたり、水道の蛇口を洗顔時に邪魔にならないようにたためるようにしたり、ボウル内に汚れがつきにくいように加工してあったり、三面鏡の内側は、全て収納で、見やすさ、出し入れのしやすさにも配慮しています。
 
シンプルでカッコイイ上、機能性も格段に上がりました。

担当者のひとこと

綺麗になったのはもちろん、広くもなりましたし、ほっカラリ床で滑って転んで頭を打つという心配もなくなり、とても良かったです。 お子様二人とお風呂にはいられるという奥様に、大変ご満足頂きました。

ユニットバス交換工事 所沢市S様邸 2013年9月17日

リフォーム金額
約90万円
リフォーム期間
約4日間
リフォーム内容
ユニットバス交換
マンションリモデルバスルーム
広がるWF
ほっカラリ床シリーズ

48日ぶりに施工事例をご紹介させていただきます。
それまで何もなくて・・・というわけではございません。
 
ありがたいことに、お声がけを多く頂いており、忙しくしております。
また、大きいリフォームの案件もあって、施工事例の更新が出来ておりませんでした。
 
結構たまっていますので、頑張ってご紹介していきます。
 
今日ご紹介するのはユニットバスの交換工事です。
築20年程経過する木造のテラスハウスです。
096.JPG
綺麗にお使いですね。まだまだ使えそうに見えますが、約20年経過しています。
最近の器具は、もともとの性能が高く細かな配慮が行き届いています。
近くにお孫さんが住んでいらっしゃり、遊びに来た時にも安心してお風呂に入れるよう、
ユニットバスの交換リフォームをご決断されました。
 
098.JPG
天井の開口をあけ、確認作業を行っています。
 
099.JPG
上部に2つダクト(通気管)が見えますね。
窓の上のダクトは、お風呂用ですが、向かって左側はお手洗いのダクトです。
テラスハウスというのは、両サイドの壁をお隣と共有しますので、排気口が前後のいずれかの壁になります。
ですから、同じ壁面に二つのダクトが通っているのです。
 
新築当時のユニットバスは、居室より床の高さが一段下がっていました。
でも、今はフラットです。
奥の壁に立てかけてある部材、あれが高さを調整してくれます。
 
108.JPG
このような感じで、ユニットの床を支えて高さを調整します。
でも、床が高くなるということは、空間が狭くなります。
そこで先ほどの、お手洗いのダクトを少し上に吊り上げることで、縦の空間が狭くならないように
工夫しています。
 
111.JPG
壁・床・天井と設置されました。
最新のユニットバスは、性能はアップしながら、壁を薄く仕上げることが可能になりました。
ですので、工事前のお風呂よりも湯船の長辺方向に+10cm分広くなっています。
これも、交換リフォームの大きなメリットです。
お孫さんが来ても、これまでよりゆったり入れますね。
 
119.JPG
無事に工事完了いたしました。
 
096.JPG   →   119.JPG
並べてみても、明るく広くなった感じがしますでしょ?
床面と湯船の高低差も少なくなったので、楽に入れますね。
 
写真では伝わりませんが、TOTO 『ほっカラリ床』 という、触り心地が畳の触感がウリの
お風呂ですので、床に膝をついても痛くないのです。
 
お風呂リフォームの快適さを実感していただけると思います。

担当者のひとこと

明るく、使いやすく、キレイに。その上、広くなりました。お風呂リフォーム、最高です!