鶴瀬駅2分。間違いのないリフォームを納得価格で請け負います!

フリーダイヤル0120-11-2420(受付時間/9:00〜19:00)

リフォーム無料相談室

ウィズワールド〈金谷ガス株式会社リフォーム事業部〉

リフォーム施工事例集

和室の床から、フローリングへのリフォーム@三芳町A様邸2019年10月28日

リフォーム金額
24.1万円
リフォーム期間
4日間
リフォーム内容
和室床、畳→フローリングへ交換工事。ダイケン、ハピアオトユカ45Ⅱベーシック(147幅)ミルベージュ。天井クロス貼り。

三芳町のA様より、和室の床をフローリングに変更するご依頼をいただきました。

昨今、畳のある和室が避けられる傾向にあるように思えます。

畳の需要も一時に比べ半減していて、新築住宅でも畳のある和室が少なくなっているようです。

ビフォー

20年ほど前に分譲されたマンションは、たいてい1室は畳敷きの和室がありました。

いまはほとんどが洋室になっているようです。

高さ調節

畳を撤去し、高さ調節の角材を設置したところです。

フローリングは畳に比べ厚みがない分、底上げをしなければなりません。

この上に構造用合板を載せ、高さ調節を行った後、フローリング床材を設置します。

仕上げ

奥に見えるのが、構造用合板、その上にフローリング=ハピアオトユカ45というフローリング材を設置しています。

歩行時の沈み込み感が少なく、階下への音を軽減する防音床材です。

畳のある和室は、すぐにゴロリとなれる柔らかさが魅力ですが、掃除のしやすさとか、椅子やベッドを置くことを考えるとちょっと不便ですね。

本格的な和室であれば、見た目にも趣きがあって、大変魅力的ですが、床に畳が敷いてあるだけの和室であれば、フローリングの方が見た目も使い勝手も良いでしょう。

担当者のひとこと

中古マンションを購入され、和室の畳をフローリング貼りに変更したいというご依頼をいただきました。ペットを飼われていることもあって、畳よりフローリングの方が掃除がしやすく便利ですね。高さも揃い、天井も新しくなって使いやすい洋室に仕上がったと思います。階下への騒音を軽減する防音床材ですので、安心して暮らしていただけると思います。

店長 石野